不動産売買をするときの流れについて

一般に不動産は食べ物や衣類などの日用品とは違って、かなりの高額で取引されています。会社勤めのサラリーマンの場合には、年収の数倍と考えておけば間違いはありません。その上に失敗したからといって契約後にすんなりと返品が可能なものでもないことから、慎重の上にも慎重な行動が必要です。こうした場合に売買の標準的な流れをあらかじめ知っていれば、次にどのようなポイントで注意をすればよいのかの見通しがつくため、何も知らずに行動するよりは断然有利となります。 マイホームを取得する場合、マイホームに加えて別荘を購入する場合、マンションや賃貸アパートなどを投資物件として購入する場合など、購入しようとする目的はそれぞれ違っても、基本となる部分はほぼ同じですので、知識の応用が可能です。

最初の情報収集や準備は重要なプロセス

不動産を購入するに際しては、最初の段階で情報収集を含めた入念な準備をしておくことが重要です。一般にマイホームであれば住みたい地域や間取り、だいたいの予算などの希望する条件はこの段階で書き出して整理しておいたほうがよいといえます。投資物件の場合も本人が住むわけではないものの、同様に地域や間取り、予算の条件はあるはずです。その上で条件に見合った物件の相場をインターネットや住宅情報誌などで拾い上げてイメージをつかむことが重要です。 流れとしてはこうした準備の後で具体的な物件探しを行うことになります。物件情報を比較検討する中で、適当な候補が見つかれば、実際の売買に向けて取り扱い会社にコンタクトをとることになります。この場合もひとつに決め打ちせずに複数の候補を持っていると安心です。

取り扱い会社とコンタクトをとり契約するまで

候補の物件を取り扱っている会社とコンタクトをとった後は、都合のよい日時を指定して現地を確認するのが一番です。現地を見ないで書類に書かれた情報だけで契約をするのは拙速のため、かならずこのプロセスが入ります。その際には物件そのもののほか、周辺環境や道路、上下水道などの整備の見通しなどもあわせて確認が必要です。それと並行して資金計画を立てることも忘れてはならないところで、場合によっては銀行ローンなどがかかわることがあります。 検討した結果として特定の物件の購入を決めた場合には、申し込みをして手付金を支払い、後は引き渡しの方法や期日、入金方法などの詳細な条件のすり合わせを行います。これらが済んだ場合に、晴れて物件が引き渡され、登記などの手続きもあわせて行い実際に所有権を手にする流れです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加